佐賀市久保泉町の社会福祉法人凌友会、介護福祉施設桂寿苑、ケアハウスはがくれの郷、きんりゅうケアセンター桂寿苑

ケアハウス はがくれの郷

月別記事

施設別記事

施設案内(久保泉)

施設案内(きんりゅう)

施設案内(久保泉)

  • おたっしゃ本舗 佐賀市金泉地域包括支援センター
  • 凌皮膚科医院

トップページ > お知らせ・トピックス

お知らせ・トピックス 2013年5月の記事

6月のデイサービス便り(さくら通信)・献立表になります。

デイ便りは、こちらから  ⇒  デイ便り(25.6).doc

献立表は、こちらから  ⇒  献立表(25.6).xls


平成25年6月のきんりゅうケアセンターの

行事予定をお知らせします。

 

行事予定はこちらから

平成25年6月行事予定.pdf


平成25年5月28日(火)の午前中に佐賀で活動されている『笑いヨガ』の川原田様と江島様に来苑して頂き、『笑いヨガ』を体験しました。

『笑いヨガ』では笑いは最高の薬として考えられています。

今回は、この『笑いヨガ』を入居者やショートご利用者、デイサービスご利用者、またスタッフも一緒に体験致しました。

笑いヨガ1.JPG笑いヨガ2.JPG 会場では、「わーっはっは!! わーっはっは!!」と大きな、大きな笑い声響き渡っていました。

 

大笑いした後は、照明をおとしてクールダウン、ゆっくりした江島様の柔らかい語りで身も心もリラックス!!

笑いヨガ3.JPG 

最後にはこんな言葉を紹介して頂きました。

『一笑一若。一怒一老』

笑うことで、いつまでも若くいたいですね。

 

笑いヨガ4.JPG

今回、『笑いヨガ』をご紹介して頂いた、川原田様・江島様、貴重なお時間をありがとうございました。

 

この『笑いヨガ』はインドで発祥し、現在では世界73カ国で実践されている世界的なヨガです。

 


佐賀市内にある通仙亭へドライブしました。

DSC06134.jpg

最初に通仙亭の職員の方から

「お茶・昔の佐賀の偉人」について

説明がありました。

DSC06098.jpg

DSC06100.jpg

佐賀の歴史再発見です。

 

DSC06136.jpg

 

DSC06110.jpg

みなさんお抹茶を楽しまれました。

DSC06120.jpg

最後はみんなで記念写真

DSC06166.jpg

佐賀の歴史とお抹茶を堪能した

一日となりました。

 


今年度第1回目の相談協力員会議を開きました。

相談協力員の皆様は日々の生活の中でお困りの高齢者や住民の方に対して、在宅介護支援センター桂寿苑とのパイプ役として介護や福祉について情報提供をしたり、地域の住民の方に気になることがある場合に桂寿苑に連絡をして頂くなど、地域福祉の向上に活躍されています。

H25.5.24①.jpg今回の会議では「24年度事業報告・25年度事業計画」「桂寿苑の地域貢献活動」等を報告しました。

H25.5.24②.jpgその後の質疑応答では活発な意見交換がなされ、特に桂寿苑が昨年の秋から取り組んでいる歌声喫茶については熱心にメモを取られたり質問や意見が飛び交っていました。

H25.5.24③.jpg

H25.5.24④.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談協力員の皆様、ありがとうございました。


今月のドライブは、久留米にある石橋文化センターの

バラ園に行ってきました。

 

まずは、敷地内にあるカフェでお昼ごはん(*^^)v

H25.5ドライブ①.JPG

 

お腹いっぱいになった後、センター内を散策しました。

H25.5ドライブ③.JPG

H25.5ドライブ④.JPG

ピークは過ぎているとのことでしたが、まだまだたくさんのバラが咲いていました。

さまざまな種類のバラがあり、皆様感激されていたご様子・・・(*^_^*)

 

バラを見た後は、鳥栖でお買い物。

H25.5ドライブ⑤.JPG

 

今回も楽しんでいただけたようで、よかったです。

H25.5ドライブ②.JPG

 


今回で8回目になる『歌声喫茶』を5月21日(火)に開催しました。 

歌声(花).JPG今回、参加された方は約64名とたくさんの方にお越し頂き、今回も盛大に開催することができました。また、今回、初めて参加された方も楽しんで頂いている様子でした。 

歌声様子①.JPG歌声様子②.JPG

 

 今回のおやつは生クリームたっぷりの『シフォンケーキ』でした。

シフォンケーキもアップルティーも、ほどよい甘さで美味しいと喜んで頂きました。

歌声(おやつ).JPG 

参加者の皆様に召し上がって頂いている『おやつ』は、フードサービス課スタッフの手作りです。

歌声フード.JPG

 

≪今後の活動予定の紹介≫

平成25年 6月18日(火) 午後2時~

平成25年 7月16日(火) 午後2時~

 

次回の開催をどうぞお楽しみに!!

 

この歌声喫茶は、地域の方の憩いの場所や介護予防(健康作り)の一環として、また介護者のリフレッシュや介護者同士のコミュニケーションの場所として活用する事を目的に活動しています。 


毎月恒例のお食事会。

今月は、鯛づくしのお料理でした!

H25.5食事会.JPG

H25.5食事会(料理).JPG

大きな鯛のお頭に皆様感激!

鯛の潮汁なども好評でした(*^^)v

H25.5食事会(様子①).JPG

H25.5食事会(様子②).JPG

H25.5食事会(様子③).JPG

そして、今月の余興は鯛づくしのお料理に因んで、

『およげ!たいやきくん』の歌に合わせて踊りを

ご披露いたしました。

H25.5食事会(余興①).JPG

H25.5食事会(余興②).JPG

余興の後は、お楽しみのデザート。

季節先取りで、紫陽花を見立てて作った寒天をご提供しました。

H25.5食事会(デザート).JPG

 


5月生まれの方のふれ愛デイ誕生会を催しました。

DSC06027.jpg

DSC06026.jpg

お食事のメニューは今が旬の

「かつおのたたき」

手作りのポン酢でいただく旬の魚は最高です。

 

DSC06028.jpg

食後のデザートは

DSC06029.jpg

涼しい食感の「甘夏ジュレ」

たいへん好評で皆さん召し上がられました。

DSC06036.jpg

お誕生の皆様おめでとうございます。


鯉のぼりがたくさん泳ぐ

川上峡へDSC05998.jpg

天気良く元気にたくさん泳いでいました。DSC06002.jpg

「きれーかねー」と車内では

歓声がわいていました。DSC05841.jpg

淀姫神社で記念写真

DSC05835.jpg

毎年たくさんの鯉のぼりを

飾っていただきありがとうございます。

また来年もうかがいます。


今月のひまわりばあばあの手芸教室は

「ビーズを使った紫陽花」を作りました。

DSC05857.jpg

たいへん細かい作業ですが

上手にビーズを並べられています。

DSC05861.jpg

DSC05866.jpg

いろいろなデザインの紫陽花ができました。

DSC05873.jpg

 

DSC05879.jpg

最後は額に入れて完成


平成25年5月17日に、きんりゅうケアセンターにて『認知症サポーター』養成講座が行われました。

 

この講座では、金泉地域包括支援センターより、認知症の病気の説明や、認知症を予防する為に必要なこと、また認知症の方との関わり方の説明が行われました。 

包括.JPG講習の後、『桂寿苑一座』による、寸劇を披露を行いたしました。

タイトルは『おばあちゃんからのプレゼント』で、認知症のおばあちゃんを抱える家族のおばあちゃんとの方との関わりを、笑いあり、感動ありに寸劇にして披露しました。

P1080530.JPG

 

P1080542.JPG会場は、大きな声をあげて笑い声が起こり、また人によっては感動のあまり涙を流されている方もいらっしゃいました。

 

『桂寿苑一座』は、認知症の人と家族の会の代表世話人の森様に監修して頂き、認知症についての理解や認知症の方の関わり方などを寸劇を通して、地域の皆様にわかりやすくお伝えする活動を行っています。

 

『桂寿苑一座』の今後の定期公演の予定は以下の通りです。

平成25年10月10日(木) 【母からの手紙】

平成26年2月19日(水)    【おばあちゃんのプレゼント】

※【 】内は公演タイトルです。


特別養護老人福祉施設と短期入所(ショートステイ)の入苑者・利用者様、4日間に分かれて鯉のぼりドライブに行きました。

皆様鯉のぼりを見られると「おっきかねぇー」や「すごかー」と一同歓声を上げられていました。

白玉饅頭を食べられる際にも「フアフアしてうまかねー」と美味しく召し上がられていました。

帰りの車中では「また来年もいっぱい泳ぎよったらよかねー」と楽しまれたご様子がうかがえました。

 

いざ、鯉のぼりドライブへ しゅっぱーつ鯉のぼりD (1).JPG

川上峡の水際で泳ぐ鯉のぼり

鯉のぼりD (2).JPG

鯉のぼりD (4).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんで、白玉まんじゅうを食べながら、椅子に座って鯉のぼりを鑑賞中

鯉のぼりD (3).JPG

 

白玉饅頭あっという間になくなりました。鯉のぼりD (5).JPG

 

 

 


今月のレッツクックはヨーグルトムースでした。

H25.5レッツクック!.JPG

H25.5レッツクック②.JPG

H25.5レッツクック③.JPG

レモンの酸味がきいて、暑さを感じ始めるこの季節にぴったり☆

お味も皆さまに大変好評でした(*^^)v

H25.5レッツクック(完成).JPG

 


平成25年5月7日

きんりゅうケアセンターの入居者やショートステイのご利用者で、佐賀市大和にある『よど姫神社』まで鯉のぼりを見物に出かけました。

毎年恒例の季節の風物詩に皆さん楽しそうに『きれいかね』の言葉や、強い風にふかれ力強く空を泳ぐ鯉のぼりを見て『踊りよるごたるね』と楽しそうな会話が聞こえてきました。

DSC05726.JPG

 目的地の神社では、川上峡名物の『白玉饅頭』を召し上がって頂きました。

 

鯉のぼりドライブ(白玉饅頭).JPG帰って来られた皆さんは、今回のドライブに満足された様子で、楽しかった様子を、留守番のスタッフにも教えて下さっていました。

 


5月5日は子どもの日!!

きんりゅうケアセンターでは、子どもの日に因んで、ユニット毎に会食会を行いました。

 

~今回の会食会のメニュー紹介~

☆ちらし寿司☆

☆あさりの味噌汁☆

☆たけのこの若竹煮☆

☆生姜の甘酢漬け☆

☆かしわもち☆

 

ちらし寿司.JPG

メニュー.JPG 

『子どもの日会食』に参加された入居者やご利用者の皆さんは『筍が旬のものだから美味しい』との言葉や、季節の『かしわもち』を大変に喜ばれていらっしゃる様子でした。

 


鯉のぼりの由来

中国の「竜門」という黄河中流にある急流な滝を昇りきることができた鯉は龍になるという「登竜門」の故事に由来しているそうです。鯉は、清流だけでなく、池や沼などでも生きていけるほどの強い生命力があるということから鯉は出世魚と呼ばれ、子どもの立身出世の象徴として江戸時代から、盛んに鯉のぼりを飾るようになっていったそうです。

毎年5月5日には子供の日会食として、皆様で広場に集まって大鯉のぼりを見ながら、鯉のぼりの曲をかけながら会食を楽しんで頂いています。子供の日会食 (4).JPG

職員も子供に扮し、皆様に元気を与える様な格好で会食を盛り上げてくださっています。

子供の日会食 (1).JPG

 

 

 


南庭にさくらんぼが良い具合になっており食べごろでしたので、

さくらんぼ (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入苑者の方とともに収穫美味しく頂きました。

さくらんぼ (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りっぱなさくらんぼがボールいっぱいに取れました。

さくらんぼ (1).JPG


江戸時代、武家社会で菖蒲と尚武をかけて5月5日を尚武の節日として祝うようになったのが端午の節句の始まりだと言われ、その結果、今日でも5月5日には菖蒲湯に入る習慣が受け継がれているとの事です。

現代でも5月5日(子供の日)にたてた風呂に菖蒲を入れ、これに入れば暑い夏を丈夫に過ごすことができると信じられ、風呂の中で菖蒲の葉の鉢巻を締めると、その効果はさらに高まると信じられているそうです。ちなみに、菖蒲湯は季語となっている。

桂寿苑でも毎年しょうぶを浴槽に浮かべ入浴を楽しんで頂いています。

しょうぶ湯 (2).JPG

 

しょうぶ湯 (5).JPG


5月5日は『端午の節句』ということで、きんりゅうケアセンターでは菖蒲を準備し入居者やご利用者の皆様に、菖蒲湯を楽しんで頂きました。

DSC05683.JPG菖蒲湯を楽しまれた皆様は「気持ちの良かね」と話され、菖蒲湯を楽しんで頂けた様子でした。

 

 

CIMG2351.JPG 

 

DSC05682.JPG【豆知識】

ショウブ(端午)の節句の言われ

5月の端午の節句は菖蒲(あやめ)の節句と呼ばれているようにショウブの民俗はこの日に集中している。

ショウブとヨモギを束ね、屋根に差したり、投げかけることで難をのがれるとされ、又この日菖蒲湯に入ると一年中病気をしない。との言い慣わしがあり子供や孫と一緒に風呂に入り〔ショウブ〕でハチマキをし、元気で健やかに育つ様にと願う、親心があるようです。


5月2日は八十八夜ということで、ボランティアの方による

お茶会が行われました。

H255月お茶会.JPG

H255月お茶会③.JPG

H255月お茶会②.JPG

 

季節に合わせた茶器、干菓子をご準備してくださり、

皆様大変喜ばれていました。


今月のデイ便り(さくら通信)・献立表になります。

デイ便りは、こちらから  ⇒  デイ便り(23.5).doc

献立表は、こちらから  ⇒  献立表(23.5).xls